スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬物による脱毛症、その発生率と管理および回避について

2007-04-21 (Sat) 22:32[ 編集 ]
薬物による脱毛症、その発生率と管理および回避について 著 者: 武相荘翁

多くの薬は毛周期に干渉して、
脱毛症を起こしている可能性があります。
脱毛症を起こす薬は、主に2つの異なる機序により
成長期毛包に影響を及ぼしているものと思われます。



脱毛症を起こす一つ目の機序は、毛球で、
毛髪成長のために行われる細胞の
有糸分裂活動の停止を誘導することによって
脱毛を起こすことで(成長期脱毛)。

二つ目の機序は、毛包を
早く休止期にすることによって
脱毛を引き起こすことです(休止期脱毛)。



成長期脱毛では、
脱毛が薬剤投与の通常数日から
数週間後から起きるのに対して、
休止期脱毛において、脱毛が明らかになるのは
薬剤投与の2-4ヵ月後に明白になります。



成長期脱毛は抗悪性腫瘍薬の突出した副作用で起こります。

抗悪性腫瘍薬は毛球に損傷を与え、
毛髪成長のために行われる細胞の有糸分裂活動を阻害します。



休止期脱毛は、
インターフェロン、高脂血症治療薬、
抗凝固剤、ビタミンAなどが
原因となっている可能性があります。



薬物性の脱毛は、
薬物の使用をやめると通常元に戻ります。

薬物による脱毛症の発生と程度は、
個人個人の体質により変わります。

ごく希しか脱毛を引き起こさない薬もあれば、
大部分の患者に脱毛を引き起こす薬もあります。



多毛と多毛症も、
薬剤投与と関係している可能性があります。

多毛に関連性が深いと考えられている薬剤は、
テストステロン、danazol、コルチコトロピン(ACTH)、
メチラポン、筋肉増強剤とグルココルチコイドなどです。

多毛症は、
シクロスポリン、ミノキシジルとジアゾキシドによって
起きる副作用のうち一般的なものです。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/30246489.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthblog.blog100.fc2.com/tb.php/15-02851e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。