スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜毛症(抜毛癖)

2007-04-21 (Sat) 22:16[ 編集 ]
抜毛症(抜毛癖) 著 者: 武相荘翁

抜毛症(trichotillomania)は、
小学校高学年・中学生の女子に多くみられるが、
身体各部の体毛を抜いてしまう行為をいう。

頭髪や眉毛、まつ毛、陰毛といった
体毛を自ら引き抜くことがやめられない、
という症状がある。



抜毛症(trichotillomania)とは、
1889年にフランスの皮膚科医Hallopeauによって、
初めて報告された疾患である。

臨床的には、
「髪の毛を抜くという衝動に抵抗することに失敗して生じる、
顕著な毛髪欠損によって特徴付けられる疾患」
であると定義されている。

その行為自体は神経性習癖の一部とみなされ、
抜毛症という語自体、狂気を連想させるために、
抜毛癖(習慣)というべきと主張するものもいる。



本症の中には剃髪型といい、
頭部全体にわたって抜毛をしてしまう例もあり、
引き抜いた毛を食べてしまうという
異食症を併発する場合もある。

また、それほどでなくとも、
本人はその抜毛部位を隠そうとさまざまな工夫をしたり、
そのことを恥と考えているのが通常であるので、
単なる癖と聞き流すのではなく、
真剣に立ち向かうべきものである。



抜毛行為を止めさせること自体は容易なことである。

患児の両肘を曲げることができないように、
ボール紙などで固定すれば、
抜毛行為自体は制止できる。

極端にいえば、
毛髪を短く、剃ってしまえばよいともいえる。

しかし、そういった手段が、
根本的な解決策となり得ないことは自明である。

髪の毛を抜くという行為は、
過度の緊張を和らげる意味を有していることもあり、
そうすることによって、
より深刻な事態を引き起こさないような
安全弁としての役割を果たしていることもある。



病状の定義についても、
強迫性障害の近縁の症状、衝動制御障害、
単なる習癖障害、などと一定しておらず、
現時点では個々の症例によって、
これらのいずれか、もしくはすべてであると考える。



いたずらに抜毛行為のみに焦点を合わせるのではなく、
本人が置かれている状態を共に考え、
本人の気持ちを配慮するよう促すことが肝要である。

そして、本人を取り巻く
さまざまなストレス要因を取り除き、
環境調整をすることが重要である。



注意を要することは、
特に剃髪型などの場合、
精神疾患の分症であることもあり、
また、不安神経症やうつ状態を
伴う可能性も考慮しておかなければならない。



精神療法や行動療法が主体となる。

薬物療法は、補助的な手段であるが、
不安が強かったりうつ的な状態では、
それぞれに応じた投薬を試みる。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/29355364.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthblog.blog100.fc2.com/tb.php/12-4d390fa0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。