~白内障~ 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の原因について(7)

2007-04-21 (Sat) 22:13[ 編集 ]
病気の原因について(7) 著 者: きむら すすむ

今回取り上げるのは、昔は「しろぞこひ」と呼ばれていた「白内障」についてです。これは目の水晶体の混濁による視力障害の総称のことで、瞳の部分に白い混濁が見られます。

他の部分に異常がなければ混濁した水晶体を手術的に除去して、当人に合った種々のレンズやメガネをかけることで視力を回復できます。


■ 白内障について

白内障には、先天性のものと老人性のものとの二種類があります。

1.先天白内障:出生する人の2~3万人に一人ぐらいの割合で、生まれつきの水晶体の混濁が見られるものです。その内の半数が両眼性だそうです。

優性遺伝、劣性遺伝、先天風疹症候群のように環境要因の場合がほぼ半数ずつと言われています。

予防としては、家族に先天白内障のある人は血族結婚を避けること、同じ病気同士の結婚を避けること、妊娠中に十分に健康に気をつけること、子供を作る時期を選ぶことなどが大切だといわれています。治療としては、手術しかないようです。

2.老人性白内障:50歳以上の人の視力障害の大半は白内障によるものとされています。また70歳以上の人の数%は手術をようする白内障に罹っているそうです。

ただ、老人であれば水晶体を検査すれば多少の混濁があろものです。混濁が瞳孔にかかると、ボケて見えるようになり、明るい所より薄暗い所の方が良く見えるようなこともあり、また濃いサングラスをかけると視力が幾らかよくなることもあります。

水晶体の表面に混濁があるよりも、奥の方、内面にある方が視力障害が強く起こります。水晶体後面の混濁は外から見えにくいので、白内障が分かりにくいこともあります。

白内障が進んで水晶体全体が混濁すれば、瞳孔が白くなり、素人でも分かります。

特別に良い予防法は無いようですが、生活状態のよい先進国は、罹患率が発展途上国の数分の一という資料もあり、健康な生活環境、全身の健康が白内障の予防にもつながっているといえます。こちらの治療も手術しかありません。


「白内障の真の原因と対策」

殆どの白内障の原因は、「霊障」(霊的な障害)によるものです。従って下記のような対策が必要です。

1.多くの先祖の中に、未だに浮かばれていない(修行するべき霊界に行けず苦しんでいる霊魂)人が居ないか、良くしらべっる。それが見つかれば、その人の供養を徹底する。

2.中絶した子や孫があれば、それらの位牌を作って十分に供養をする。特に、水子の場合は勝手に中絶したことを確りとお詫びをすることが大切です。

3.過去において、自分の物の見方、考え方に誤りがなかったかどうかを確りと反省すること。眼の機能は先ずは物を見ることにありますから、その見方が間違っていると、眼の症状として現れるということです。


先天性の目の欠陥について:前の世で、世間の人の目をゴマカスような職業についたり、また、ゴマカスようなことを永年続けてきた人が受ける報いです。

または、先祖の中に同様な症状(目の障害)を持ってなくなった方がいる場合、その波動を受けている。

こういう結果になるのは、かなり業因縁が強い訳ですから、それらの「業」を解消するためには、特に世の中に光明をもたらすことを考えて、真心を持って人救いに努力することが大切です。そうすることで「業」の解消が早まります。


きむら すすむ著      きむら指圧研究所: http://www.shiatsu-k.com/


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。