~健康ダイエット~ 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水と健康とダイエット

2007-04-21 (Sat) 22:11[ 編集 ]
水と健康とダイエット 著 者: 武相荘翁

水は、この世の中にどうしても必要な物の1つです。

人間の体の60%は水で出来ています。

体から、水の10%を失うと健康がおびやかされ、
20%を失うと死を招くといわれています。

人は食物を食べなくても、
水さえ飲んでいれば2~3週間、耐えられるそうです。



水は一般に栄養素には含めていませんでしたが、
最近の医学・生理学では水と酸素を
栄養素として取り扱ってきているようです。

人間にとって、水はとても大事なもので、
健康やダイエットにも関連性を持っています。



朝食時にペットボトルに入った水を1本飲みます。

午前中に1本、昼食時に1本、午後に1本、
夕食時にも、1本は飲むようにしています。

体重の変化は無くて体脂肪が減りました。
体調も良いです。

たくさんの水を飲むことによって、
他にもいろいろな効果がといわれています。



体内における水の働きは、物質の溶解性が強く、
体内における化学反応は水溶液の形で行われる。

血液の主成分として、栄養成分や酸素などを
体の各組織へ運び、また各組織から不要産物を体外へ排出する。

電解質を溶かし、そのバランスを維持する。

浸透圧の平衡を維持し、体細胞の形態を保つ。
発汗作用により体温を調節する。

などなど水は生命の維持に重要な働きを数限りなく行っています。



水をたくさん飲んでいると、細胞に十分な水が行き渡るので、
血液の粘度が下がり、俗に言う血液がサラサラになり、
心筋梗塞や脳梗塞の予防になると言われています。

水をたくさん飲むと、胃液の濃度が下がったり胃潰瘍の予防になる、
胃がふくらみ食欲を抑えることができます。

また新陳代謝を活発に働かせるので、ダイエットやむくみ防止に効果的です。



年をとるに従い、体は水分不足の状態になります。

特に脳は水分の多い組織ですので、
ちゃんとした水分補給をすることによって脳の老化現象を防ぎます。



世の中にはダイエット商品、健康食品、
グッズなどがたくさん売られています。

その上毎年のように、いろんな新製品を発売していますが、
そのようなサプリメントなどにたよる前に、
まずおいしい水をたくさん取ることが大事だと思っています。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書
http://shachou.seesaa.net/

original article
http://shachou.seesaa.net/article/31638765.html
***********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト

メタボリックシンドロームと和食

2007-04-21 (Sat) 22:06[ 編集 ]
メタボリックシンドロームと和食 著 者: 武相荘翁

メタボリックシンドロームあるいは
メタボリック症候群とか代謝症候群とか
呼ばれる状態が問題にされているようです。

メタボリックシンドロームとは、
内臓脂肪型肥満に
糖尿病・高血圧・高脂血症のうち
2つ以上を合併した状態で、
心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の
発生頻度が高まるといわれているそうです。



メタボリックシンドロームに関してシンポジウムが開かれ、
最新の研究成果が報告されました。

このシンポジウムでは、
近年急激に増加している小児肥満をテーマにして、
大関武彦、浜松医大教授らが、
小児期から肥満予防に取り組むことの必要性などを説いたそうです。



大関教授の調査は女性103人に予備調査を行い、
BMI(体格指数)25未満、
体脂肪率30%超の隠れ肥満者16人のうち、
11人に対して、
大学で調理した1食400カロリーの食事を
1日3食、2週間食べてもらいました。

女性を対象に和食の肥満予防効果を調べたところ、
和食を規則正しく食べることで
ウエストが3センチ以上減少したほか、
体脂肪率やインスリン抵抗性などの数値が
改善されたことが明らかになったそうです。

ご飯を和食で、総エネルギーに占める炭水化物の比率は60%。



調査前と後で、
体脂肪率が2.1%、体脂肪量が1,700グラム、
ウエスト周囲が3.7センチとそれぞれ減少したほか、
中性脂肪や血糖、インスリンなどの数値でも
低下が認められました。

健康食品が身近なものになると思いますが
それよりなにより、
もっともっと身近な毎日の食事、
しかも和食で効果が顕著に表れたということでした。



メタボリックシンドロームに対して、
食事や栄養に気をつけて暮らすことの
大切さを知らせてくれた学会報告でした。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書
http://shachou.seesaa.net/

original article
http://shachou.seesaa.net/article/31325684.html
***********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

玄米と健康・ダイエット

2007-04-21 (Sat) 22:05[ 編集 ]
玄米と健康・ダイエット 著 者: 武相荘翁

玄米は白米と比べると、
消化管の中でゆっくり分解・されます。

このため体内の血糖値とインスリン量が
急激に上昇することはありません。

肥満の原因の一つである中性脂肪は、
体内の血糖値とインスリン量が上昇した時に作られるといわれています。

このように、玄米は
中性脂肪がつきにくい食品といえますので、
健康維持だけでなくダイエットにも良いといわれています。



玄米とは、稲の籾殻をとった状態の
精白されていない米のことです。

種としての役目を失っておらず、
栽培すれば芽が出ます。

玄米は、主に
「胚芽」「ぬか層」「胚乳」から構成されています。

玄米が白米に較べて硬いのは、
外側をぬか層(果皮、種皮、糊粉層)に
包まれているからです。

玄米は、白米よりビタミンや食物繊維に富み、
ビタミンB1は精白米の4倍以上、
ビタミンB2と食物繊維、カルシウムは2.5倍含まれています。

また、玄米は白米に較べて
相対的に炭水化物やカロリーが少ないため、
健康食品として用いられています。



玄米は外側にぬか層があるため、
白米に比べると独特の歯ごたえがあります。

消化を助けるためにしっかりとかむ必要があるため、
満腹中枢を刺激して、少ない量で満足感を得ることができます。

つまり食べすぎを防ぎ、健康維持とダイエットに役立ちます。



玄米食を始めたくても、
以前は、お米屋さんで買うしかありませんでしたが、
最近はスーパーやコンビニでも玄米を買えるようになりました。

大手スーパーでは、
精米機が用意されているところもあるようです。

ネットショップでも、
健康食材として取り扱われるようになっているようです。



玄米は白米に比べて固いため、
玄米を炊く前に水に浸す必要があります。

圧力鍋で炊いたり粥にするなどの調理法が適しています。

白米4に対して玄米1の割合で炊くと
プチプチした食感を得られ、
カレーやチャーハンに合うようです。

健康維持とダイエットに良い玄米を
一度試されたらいかがでしょうか。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書
http://shachou.seesaa.net/

original article
http://shachou.seesaa.net/article/31707046.html
***********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。