~外傷性脱毛症~ 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外傷性脱毛症,瘢痕性脱毛症

2007-04-21 (Sat) 22:34[ 編集 ]
外傷性脱毛症,瘢痕性脱毛症 著 者: 武相荘翁

■外傷性脱毛症の概念

外傷性脱毛症とは機械的刺激によって
生じる脱毛の総称で、原因はさまざまである。

瘢痕性脱毛症とは
脱毛部皮膚が瘢痕化して永久脱毛となった状態をいい、
外傷性とは限らない。



■外傷性脱毛症の頻度

広義の外傷性脱毛症は頻度が高い。



■外傷性脱毛症の病因・発症機序

病因には長期の繰り返しの毛髪牽引(結髪性脱毛症)、
一定時間以上の局所圧迫(術後脱毛症)、
精神的衝動による自己の毛髪の抜毛(トリコチロマニア)などがある。



■外傷性脱毛症の臨床症状

基本的には境界明瞭な限局性脱毛で、
瘢痕性であることも少なくない。



■外傷性脱毛症の診断のポイント

(1)脱毛に関連する病歴が重要で、
  多くは患者自身が脱毛の原因を自覚している。
(2)部位、形態に比較的特徴がある。
(3)脱毛周囲の毛髪には易脱毛性がない。



■外傷性脱毛症の治療方針

(1)脱毛の原因を取り除く。
(2)トリコチロマニアでは心理療法も必要となる。
(3)瘢痕性脱毛症では脱毛巣が小さければ切除、縫合する。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/29121782.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。